新地は一度は行っておきたい、大人のアミュ-ズメントスポット。

新地は一度は行っておきたい、大人のアミュ-ズメントスポット。

関西、特に南大阪に住んでいる人間ならば、天王寺、そしてその近傍となると天王寺動物園、新世界のジャンジャン横丁、そして飛田新地というと、ミステリアスゾ-ンに位置されています。

子供の時は動物園に行ってみたいというのが、子供たちの共通の願いであり、高校生になるとあの絢爛豪華な飛田新地に行ってきれいなお姉さんとの濃厚な時間を持つのが一つの夢の形になっています。

飛田新地は、地元では定番のお騒がし、アミュ-ズメント地区の代表です

ジャンジャン横丁は、今も昭和を残している怪しげな商店街で、地元の子供は「絶対に、あそこ言ったらダメヨ」といわれ続けて子供の時から育ちます。

中学生になって、こっそりと友達行ってみたら、意外と普通のお店の集合体でがっかりするというのがお約束の反応になっています。これらの動きは、昭和から平成を経て、令和になった今も変わっていないです。飛田新地はさすがに、男子全員が訪問し、そして体験しているのではなく、サ-ビスを受けた人たちは実はあまりいません。

ただ高校生の時は、たいてい、いわゆる似非「飛田新地マニア」という連中がクラスに2人くらいいて,得意げにその話題を語るというのもこの地区の中高生の定番ではあります。実際に、私も高校生の時、すなわち20年前になりますが、近くまで行って遠巻きに覗き見た記憶は記憶に今も焼き付いています。

通りがあって、独特の空気が流れていて、この世のものでない場所に来たなというのがその時の印象でした。特に夕方に学校の帰りに立ち寄ったので、すさまじいライトアップに腰を抜かしそうになりました。成人して、海外旅行でラスベガスに行ったときに、「あ、飛田新地みたい」と思ったのは、その時のインパクトが強烈だったからなのだと思います。

実際の飛田新地は、通りに面して各店が並んでいて、それが派手目のイルミネ-ション装飾をしていて、延々とそれが続いているのですが、高校生がみたら、びっくりするのも当然かと思います。

特に、通りにすべての店がひな壇のように、通りに向かっています。ひな壇のところには客引きの女性がいます。これがいわゆる「やり手ばあさん」といわれる人です。店の前を通過する・?通行人に「ええ子いてるよ」「ちょっと遊んで行き」と声をかけてきます。大体、どの店もその形を踏襲しています。

ただ、そのような店が、延々と続きます。ずっと続きます。各店のやり手ばあさんの激しい誘い込みと、その隣にいる売り物の女性の視線はかなり強烈です。通りの端からそれが始まるので、通りの最後までたどり着く前に、特定の店に吸い込まれるように入っていってしまいます。面白いシステムだと思います。

初めて行ったら、たいてて、5件目あたりで、おばさんに捕まって、「はい、ご入店」ということになります。それがまずいということはなく、最初は流れに身を任せるというのも、飛田新地デビュ-のよくある一つの形です。

多くの人が飛田新地に満足。一度はいくべし

乱暴な言い方をすると、前の通りから、女の子の実物を1Mのところで見れるので、顔で選びましょう。時間は20分から40分程度です。

二回に上がって即、本番というのが標準形です。風俗の一つの形ですが、短い時間で、低料金に徹するとこういう形になるというのが飛田新地スタイルです。金額は1万円から1万5千円というところでしょうか・・まあ、豪華ソ-プランドの無駄なぜい肉をそぎ落としたものが、飛田新地スタイルなのでしょう。

慣れると、充足感もあり、リピ-タも多数います。お店のリピ-タ-もいますが、彼らの多くは特定の女子へのリピ-タ-でしょう。女の子がお店を変わると、彼らも通う店が変わります。松島新地のアルバイト求人サイトを見ると、詳しいことが色々と分かりますよ!

遊郭アンテナ:松島新地のアルバイト情報

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*