1回で2度おいしい風俗、まるで2人としたような新感覚のサービス

1回で2度おいしい風俗、まるで2人としたような新感覚のサービス

私の初めての風俗体験は36歳と遅かった。周りの人は20代のうちに風俗体験をし、30代ではハマる者とハマらない者とできっぱりと別れた印象だ。

20代のお盛んな年頃に風俗を利用しなかったのは、単純に風俗でなくても性欲を満たせたからである。

そんな私が36歳になり、初めて風俗を利用したのにはもちろん理由がある。

簡単に言えば独身最後の遊び心だ。今の妻と出会い3年。性生活に特別不満もなく過ごしてきたが、いざ結婚となるとどうしてか、他の女性の身体が気になり始めた。浮気する選択肢もあったが、小心者の私にはそんなことは出来ず、真っ先に風俗のサイトを調べたのだ。

最近は便利なもので、と言っても昔の風俗事情を詳しくは知らないが、風俗の一覧サイトがあり、同じようなレイアウトのサイトでお店の紹介がされているから、とても比較がしやすい。

私は、実店舗に脚を運ぶ勇気がなかった為、昔から生き慣れているホテルに行き、デリヘルを呼ぶことにした。

おそらくこれからの人生で20代の女性と関係を持つことはないだろうと思い、とにかく19歳限定で女の子を検索した。おっぱいは出来ればD~Fが好ましい。しかし、ウエストは60cmあってはならない。なぜなら、妻がぽっちゃりだからだ。そうして数件のお店のサイトを探り、女の子の候補を絞っていった。

選んだ女の子は19歳の業界初経験の体験の子。おっぱいはEカップでウエストは望み通りの56cm。写真では暗めの茶色いストレートロングヘア―で口角が上がったキューティーな女の子。

ホテルで待つこと20分、女の子がやってきた…

・・・んー!とつい唸りたくなるくらいに写真とのギャップ。最近の写真加工技術の高さを思い知った。本人に年齢を尋ねてみると19歳というが、人生経験36年の私の感覚からするとおそらく20代後半のような肌質。

まぁ、そこは妥協点。ルックスは写真とは違うけれど不細工な訳ではない。もともと私はB専と言われるくらいだからルックスにはこだわらない。

シャワーを浴びるために服を脱ぐ。後から女の子が服を脱いで浴室に入ってきた。なんと立派なお腹!確かにおっぱいはEはありそうだ。しかし、ウエストは明らかに65cmはあるに違いない。そう言い切れるのは私がスポーツインストラクターだからだ。ウエスト65cmの女の子はおよびではなかったのだが、小心者の私はウエスト65cmをしぶしぶ受け入れることにした。

丁寧に身体を洗ってくれて、ベッドイン。

いきなりのフェラ。胸を触ろうとすると嫌がる。キスは口を閉ざしたままフレンチ・キス。密着しようとするとさりげなくかわされる。風俗嬢ってもっと献身的なサービスなのだと思っていた。その時間だけはまるで自分の恋人かのように。この製造ライン的に進む淡々とした作業は、女の子が業界初経験の子だからなのだろうか?私はその作業的行為に冷めかけていた。それでも私はいかされた。

息をつこうとしたその時、突然に女の子が私の背後から抱き着いてきた。そして甘い声で「私のこと抱いてください」と。

さっきまでの素っ気ない性格が嘘のように、甘えてイチャイチャしてくる感じに私は俄然盛り上がった。

とろけるようなDキス、欲しがるような表情

に私は夢中になり、Eカップをむさぼり、もてあそぶ。女の子はさき程までのただひたすらにピストンするだけのフェラはどこえ消えたのか、ねっとりとなめまわし、絶妙な舌使いで強弱のついたフェラ。私はあっという間に2回目の発射を完了した。

40分の時間内で2回の発射は大満足。しかも同一人物なのに二人とやったような錯覚をも覚えた。

私にとっての人生で最初で最後の風俗(おそらく)は、まるで恋人のような甘いひととき<を過ごせる最高の時間でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*